So-net無料ブログ作成
-| 2010年01月 |2010年02月 ブログトップ
前の10件 | -

2次補正予算 与党と公明党など賛成多数で成立(毎日新聞)

 政府の緊急経済対策を盛り込んだ09年度第2次補正予算と関連2法は28日午後の参院本会議で、与党と公明党などの賛成多数で可決、成立した。29日には鳩山由紀夫首相の施政方針演説など政府4演説が行われ、10年度予算案の審議に入る。政府は年度内成立を確実にするため、2月下旬から3月上旬の衆院通過を目指すが、野党側は引き続き鳩山首相と民主党の小沢一郎幹事長を巡る「政治とカネ」を追及する構えだ。

 2次補正は雇用、環境、景気が柱で、雇用を維持する企業を支援する雇用調整助成金の拡大や、家電エコポイント制度の延長などを盛り込んでいる。総額7兆2000億円。自民、共産両党は「経済対策として不十分」などとして反対した。一方、公明党は「内容には不満だが、景気状況を考えると早く対応すべきだ」などとして賛成に回った。鳩山首相は28日夜、首相官邸で記者団に「国民を守る第一歩が築かれた」と述べた。

 29日の政府4演説に対し、2月1〜3日に衆参で代表質問を行い、5日から衆院予算委員会で実質審議入りする。与野党は2月中旬の集中審議と同月中の党首討論の実施で合意している。4日には小沢氏の元秘書の石川知裕衆院議員の拘置期限を迎え、起訴されれば野党側が攻勢を強めるのは確実だ。【鈴木直】

【関連ニュース】
毎日新聞調査:主要119社中、半数強が景気は「足踏み」
第2次補正予算案:衆院本会議で与党3党などの賛成で可決
自民幹事長:補正予算2.7兆円の執行停止を批判
鳩山首相:連合の古賀会長と初会談 連携強化を確認
私はこう見る:09衆院選/10止 景気対策 大田弘子氏/リチャード・クー氏

千葉大生殺害、カードで現金引き出し容疑で再逮捕(読売新聞)
全精社協事件初公判 会長ら補助金流用認める「厚労省も了解」(産経新聞)
五島沖・「第2山田丸」沈没 救命胴衣290キロ漂流 鹿児島・吹上町で発見(西日本新聞)
検視官の出動数43%増=解剖率は小幅上昇−警察庁(時事通信)
官房長官は発言撤回を=社民・照屋氏(時事通信)

すぐには国民は納得しない=小沢氏の聴取で−前原国交相(時事通信)

 前原誠司国土交通相は24日、民主党の小沢一郎幹事長が資金管理団体をめぐる政治資金規正法違反事件で東京地検から事情聴取を受けたことについて、聴取の様子や内容が明らかになっておらず「すぐに国民が納得することにはならない」と述べた。八ツ場ダム中止問題での地元住民との意見交換のため訪れた群馬県長野原町で記者団の質問に答えた。
 同相は、国民の理解を得るためには同幹事長が「(今後も)事情聴取に応じ、説明責任を果たしていただくしかない」との認識を示した。また、同幹事長の進退に関しては「現時点でやましいことはしていないとおっしゃっている以上、辞めてくださいと言う理由はない」と述べた。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜検察が小沢一郎民主党幹事長から事情聴取〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
捜査は検察の政権つぶし〜民主・高嶋良充筆頭副幹事長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機

自民追及チームが小沢氏の不動産を視察へ(産経新聞)
「飾り巻きずし」いかが もうすぐ節分 恵方巻き作りのついでに…(産経新聞)
<幻の大豆>「借金なし」秩父で復活(毎日新聞)
「産婦人科医療改革グランドデザイン」骨子案で意見公募(医療介護CBニュース)
「いのちの塔」散り急ぎ? 花博シンボル、3月末で営業休止 鶴見緑地(産経新聞)

<パトカー事故>無免許バイクと衝突 高校生2人重傷 愛知(毎日新聞)

 24日午前1時20分ごろ、愛知県愛西市柚木町西田面の市道交差点で、同県津島署地域課の男性巡査(25)のパトカーが、左から来た同県弥富市の男子高校生(17)の250CCバイクと衝突。男子高校生と、同乗の同県愛西市の男子高校生(18)が右足骨折の重傷。巡査と助手席の同署男性巡査長(30)も胸などに軽いけがを負った。

 現場は田園地帯で、信号機のない交差点。同署によると当時、パトカーはサイレンを鳴らしておらず、バイクは無灯火だったという。バイクの高校生は無免許運転だった。

 事故の約30分前までに、現場から約2キロ離れたコンビニエンスストアに「暴走族風のバイクが20台程度集まっている」との110番通報が複数回あり、事故を起こしたパトカーを含む4台でバイクを追跡中だった。

 同署の戸田利夫副署長は「現時点では適正な職務執行と判断している。詳しい事故原因は今後捜査したい」としている。【宮島寛】

「中学爆破する」市に予告メール=小学校含み休校に−埼玉・入間(時事通信)
「おっぱいどうですか」警察官に客引き容疑で男逮捕(産経新聞)
<お別れの会>荒田俊雄さん=元日本精工社長 2月23日に(毎日新聞)
<陸山会土地購入>胆沢ダム受注「小沢氏側が謝礼要求」(毎日新聞)
<ポカポカ陽気>もう春?延岡で20.4度(毎日新聞)

<神戸・女性不明>「中国籍の男が女性殺害示唆」遺棄容疑者(毎日新聞)

 行方不明となっていた神戸市の女性とみられる遺体が京都府綾部市の山林で見つかった事件で、兵庫県警葺合署捜査本部に死体遺棄容疑で逮捕された無職、中西龍司容疑者(41)らが、仲間の中国籍の男(41)=覚せい剤取締法違反罪で服役中=が女性殺害をほのめかしていたと供述していることが23日、捜査関係者への取材で分かった。捜査本部は、中国籍の男と、遺棄にかかわったと供述した無職の男(37)=同法違反容疑で逮捕=の2人についても死体遺棄容疑で逮捕状を取り、死亡の経緯を調べている。

 遺体は神戸市中央区八幡通1、中国語学校アルバイト講師、今滝愛さん(当時32歳)とみられ、司法解剖の結果、損傷が激しく死因は不詳だが、年齢や身長が今滝さんとほぼ一致したという。

 捜査関係者によると、中西容疑者と無職の男は調べに対し、08年10月末〜11月初旬ごろ中国籍の男に呼び出され、普段3人がたまり場としている神戸市兵庫区の雑居ビルの一室に行ったところ、今滝さんが顔を殴られて死亡しており、中国籍の男が殺害したとの趣旨の話をしていたと供述したという。中国籍の男は2人に遺体の遺棄を指示したとされる。【村上正】

【関連ニュース】
神戸・女性不明:供述通り遺体発見…遺棄容疑で男逮捕
神戸・女性不明:知人が「頼まれ埋めた」 京都の山林捜索
京都・綾部の死体遺棄:供述通り、不明女性の遺体発見 容疑で男逮捕−−京都の山中
京都・綾部の死体遺棄:容疑の男が供述「中国籍の男、殺害示唆」

税収減でも積極予算 22年度・都原案 一般歳出1.9%増の4兆6289億(産経新聞)
富士通、山本常務が社長に昇格(レスポンス)
家賃代わりにみだらな行為 少女を泊めた男逮捕(産経新聞)
「戦って」は検察批判ではない 鳩山首相(産経新聞)
副反応0.01%で変わらず―新型ワクチンで厚労省(医療介護CBニュース)

小沢氏聴取、今週末が有力 妻にも打診(産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる政治資金規正法違反事件で、小沢氏が東京地検特捜部に対し任意の聴取に応じる意向を伝え、日程調整に入ったことが19日、関係者への取材で分かった。今週末の聴取が有力視されている。小沢氏は今月5日の聴取要請に応じなかったが、批判を受けて聴取を応諾したとみられる。特捜部は小沢氏の妻にも参考人聴取を打診したことも判明した。

 一方、関係者によると、民主党衆院議員の石川知裕容疑者(36)は虚偽記載した動機について「小沢先生が大金を持っていることを表に出すと、党代表選に影響すると考えた」と供述しているという。

 代表選は平成17年9月、郵政選挙の大敗で当時の岡田克也代表が辞任したため行われたが、辞任しなければ岡田氏の任期は18年9月までだった。収支報告書を提出した17年3月時点では予定されておらず、特捜部はさらに説明を求める。

 また、石川容疑者は公設第1秘書の大久保隆規容疑者(48)に随時、政治資金収支報告書の作成を報告していたとも供述。元私設秘書の池田光智容疑者(32)も「大久保容疑者の指示があった」などと説明し、大久保容疑者の関与を認めている。大久保容疑者は容疑を否認しているという。

【関連記事】
豹変した民主 政権交代で良識後退?閣僚から小沢氏擁護発言が続出
張り切る輿石幹事長代行 小沢氏擁護に東奔西走 激励メールも披露 
鳩山内閣閣僚は小沢氏を擁護、検察・マスコミ批判、開き直りも
小沢氏が東京地検特捜部の事情聴取要請を応諾
民主「情報漏洩対策チーム」を野党が猛批判 「報道の自由を侵害」

<人事>最高裁(24日)(毎日新聞)
聴覚障害裁判員候補 手話通訳の手配怠る(産経新聞)
<雑記帳>石川遼、新潟の子供とクロカンスキーで汗流す(毎日新聞)
卒業後24年でも公務災害=元教え子による刺殺事件−甲府地裁(時事通信)
同和団体かたり書籍購入強要、出版社員ら逮捕 岡山(産経新聞)

第81期棋聖戦 本線参加16人出そろう(産経新聞)

 ■木村八段…前回の雪辱 渡辺竜王…2冠目狙う

 羽生善治棋聖(名人・王座・王将)への挑戦権を争う産経新聞社主催の将棋タイトル戦「第81期棋聖戦」本戦(決勝トーナメント)の組み合わせが22日、決まった。連続挑戦で初タイトル獲得を狙う木村一基八段、何としても2冠目がほしい渡辺明竜王らそうそうたる陣容だ。

 本戦は、前期までは2勝勝ち抜けの変則リーグだった最終予選を今期からなくし、2次予選から本戦直結に変わった。参加人数も、前期までの8人から16人に増やし、持ち時間も五番勝負と同じ各4時間に変更された。

 16人の内訳は、シード8人、2次勝ち上がり8人。シードは、前期挑戦者の木村八段、挑戦者決定戦まで勝ち進んだ稲葉陽四段、前期4強の谷川浩司九段、久保利明棋王。さらにタイトル保持者の渡辺竜王と深浦康市王位、永世棋聖有資格者の佐藤康光九段、それに過去の棋聖戦の活躍実績から郷田真隆九段がシードされた。

 一方、2次予選を勝ちあがったのは、小林裕士六段、佐藤天彦五段、鈴木大介八段、加藤一二三九段、遠山雄亮四段、屋敷伸之九段、藤井猛九段、阿部隆八段。小林六段と佐藤五段、遠山四段の3人は1次予選から勝ち上がってきた。また、加藤九段はこの元日に70歳になったが、将棋に対する情熱はますます熱く燃えている。

 本戦1回戦はシード組対予選勝ち上がり組の対戦とされた。挑戦者決定戦は4月下旬の予定。

【関連記事】
渡辺永世竜王、棋力偽る?
前代未聞!将棋の女流王位戦で反則負け
谷川九段らに「酒サムライ」称号授与
“棋士のまち”加古川で20年ぶり「将棋の日」
将棋の竜王戦 渡辺がすんなり6連覇

伝統ウォームビズ「ねこ」で仕事=長野県〔地域〕(時事通信)
<枕崎市長選>神園征氏が返り咲き 現職を破る(毎日新聞)
<ハイチ大地震>自衛隊派遣準備を指示 防衛相(毎日新聞)
田中元検事、二審も実刑=9000万円詐取−大阪高裁(時事通信)
鳩山首相、先端医療センターを視察(時事通信)

「改正著作権法」周知キャンペーン 大賞決まる(産経新聞)

 日本レコード協会は、1日に改正された著作権法の周知を目的としたキャンペーン「守ろう大切な音楽を♪」で全国の中学・高校生から募集した標語、ポスター、キャラクターの中からグランプリ作品などを決定し、18日に発表した。

 応募総数は103作品。標語部門では愛知県岡崎市立竜南中学校卓球部の「守ろうよ みんなの宝 音楽を」が、キャラクター部門では香川県立高松工芸高校デザイン科1年の「守りタイ」が、それぞれグランプリに選ばれた。ポスター部門のグランプリは該当作品がなかった。審査委員長を務めた協会の石坂敬一会長は「メッセージ性が高く、美しい仕上げを基準に決めた」と講評した。

 改正著作権法では、著作権者の許可なくインターネット上にアップロードされた違法な音楽や映像をダウンロードすることは、私的使用も違法となった。

「カルガモ走法」でETCすり抜け=計460回か、運送業者逮捕−兵庫県警(時事通信)
政府税調 専門家委座長に神野直彦・関西学院大教授で調整(毎日新聞)
<陸山会土地購入>中堅ゼネコン2社を家宅捜索 東京地検(毎日新聞)
大規模災害に備えて連携 都営・東京地下鉄が合同訓練 牛込消防署で(産経新聞)
浜松で飲食店全焼、遺体は桑田真澄さんの父か(読売新聞)

小沢氏聴取、今週末か 妻にも打診(産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる政治資金規正法違反事件で、小沢氏が東京地検特捜部に対し任意の聴取に応じる意向を伝え、日程調整に入ったことが19日、関係者への取材で分かった。今週末の聴取が有力視されている。小沢氏は今月5日の聴取要請に応じなかったが、批判を受けて聴取を応諾したとみられる。特捜部は小沢氏の妻にも参考人聴取を打診したことも判明した。

 一方、関係者によると、民主党衆院議員の石川知裕容疑者(36)は虚偽記載した動機について「小沢先生が大金を持っていることを表に出すと、党代表選に影響すると考えた」と供述しているという。

 代表選は平成17年9月、郵政選挙の大敗で当時の岡田克也代表が辞任したため行われたが、辞任しなければ岡田氏の任期は18年9月までだった。収支報告書を提出した17年3月時点では予定されておらず、特捜部はさらに説明を求める。

 また、石川容疑者は公設第1秘書の大久保隆規容疑者(48)に随時、政治資金収支報告書の作成を報告していたとも供述。元私設秘書の池田光智容疑者(32)も「大久保容疑者の指示があった」などと説明し、大久保容疑者の関与を認めている。大久保容疑者は容疑を否認しているという。

「函館朝市で宅配詐欺」浅田次郎さん誇張記述(読売新聞)
解散政党の寄付禁止を=法案再提出へ−自民(時事通信)
高血圧症予防を目指し「塩を減らそうプロジェクト」が発足(医療介護CBニュース)
<学力テスト>鳥取県は経費を全額肩代わり 平井知事方針(毎日新聞)
小沢氏進退「なんで?本人じゃないでしょ」 民主幹部が反論(産経新聞)

<受験の危機管理>第1回 もし、受験票を忘れたら? 鉛筆は必ず持っていこう(毎日新聞)

 大学入試センター試験が始まった。ただでさえ緊張しているのに、雪が降ったり、電車が止まったりしたら大変。センター試験初年度に受験した漫画家の倉田真由美さんは、1日目の試験が終わった後、受験票をごみ箱に捨ててしまったという。「ああ、やっちゃった!」と思った時にどうすればいいのか、大学入試センターに聞いた。

Q:受験票を忘れたら、試験は受けられませんか?

A:まずは忘れないように十分注意してください。もし忘れても、試験会場で仮発行申請をすれば試験を受けられます。大学入試センターから各会場に受験者の名簿を送っていますので、所要事項を質問して照合します。場合によっては、生徒手帳などの提示を求めることもあります。

Q:失くした時は。

A:センターに再発行の申請をしてください。直前に紛失した場合は、忘れた時と同じです。試験当日に受験票を持たずに会場に行って、仮発行の手続きをしてください。

Q:試験の後も、再発行は受けられますか。

A:4月末日まで受けられますが、センター試験終了後の1月19日から25日は再発行業務はしません。この期間の申請分は、26日から志願者に送付します。2010年度からは、過去3年間のセンター試験の成績が入試に利用できるようになります。過去の受験票が必要になるかもしれませんから、大切に保管してください。

Q:受験票を忘れたり、失くす人はどのくらいいますか。

A:試験当日に問い合わせがあったのは、07、08年度とも約1800件でした。「受験上の注意」の冊子の最終ページに、当日の所持品チェック欄を載せたり、ホームページでQAコーナーを設けて注意喚起をしています。

Q:そのほかの忘れ物は。

A:鉛筆を忘れる受験生はいますね。友達がいれば借りて、休憩時間に買いに行っているのではないかと思います。試験会場は、貸せるところと貸せないところがありますから、「貸してもらおう」と思われると困ります。シャープペンシルがあれば回答できますが、採点されないかもしれないリスクは負ってください。ごくまれにお金を忘れる受験生がいますので、持ち物チェック表には、交通費の項目を入れています。

Q:具合が悪くなったり、怪我をした場合は。

 試験会場には、必ず医師か看護師がいますので、ばんそうこうを張る程度の簡単な手当てはできます。大事なら近隣の病院に搬送しますが、後の試験は受けられません。

【関連ニュース】
<センター試験>問題と解答 速報はこちら
<特集>受験の危機管理:第2回 遅刻して許される理由は 新型インフルエンザ流行で対応変更
<写真特集>センター試験:個性重視、自由選択を掲げて20年
<特集>受験と私:海堂さん、星出さんらの受験術
大学入試:センター試験 「地元」「国公立」切実に 不況下、親の負担を気遣い

<陸山会会計処理>石川議員元秘書が「証拠隠した」と上申書(毎日新聞)
小泉被告に死刑求刑=元厚生次官宅連続襲撃−さいたま地裁(時事通信)
<寒気>東海地方も雪景色 岐阜で積雪8センチ(毎日新聞)
<重要民俗文化財>沼津内浦・静浦の漁労用具など5件答申(毎日新聞)
沖縄に内閣分室の設置検討=普天間で地元との連絡緊密に−政府(時事通信)

阪神大震災 犠牲者追悼で「灯のつどい」 東京で開催(毎日新聞)

 阪神大震災の犠牲者を追悼する「いま、わたしたちに、できること。2010 KOBE MEMORIAL 1・17 灯(あかり)のつどい」が16日、東京都千代田区の東京国際フォーラムであった。

 ボランティア団体などでつくる「東京災害ボランティアネットワーク」が毎年開催。会場には、ろうそくを入れた竹筒やグラスなど計約800個が並べられ、火をつけると「1・17 KOBE」の文字が浮かび上がった。

 神戸市出身で自宅が全壊したという東京都港区の女性会社員(30)は「悲劇を少しでも減らすために、家具の固定など身近な備えをみんなにしてほしい」と話した。【福永方人】

【関連ニュース】
阪神大震災:「中越」被災者が交流 山桜の箸贈る
阪神大震災:09年の孤独死62人
ハイチ大地震:首都は震度7以上の激しい揺れ…震度を推計
甲子園球場:新たな芝植え始まる 82年オフ以来
記者の目:阪神大震災の震災障害者問題=川口裕之

<子ども手当>長妻厚労相が一部地方負担を謝罪 決着方向へ(毎日新聞)
介護疲れで母親殺害、51歳男を逮捕…神戸(読売新聞)
<温暖化対策>気象キャスター18人が呼び掛け(毎日新聞)
【科学】WAVE 国内最大イトウ生息地 猿払川流域を保全区に(産経新聞)
ハイチに自衛官派遣(時事通信)
前の10件 | -
-|2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。